〈今田耕司〉ヒロミに無視され続けていた過去