ラノベ書けそうなくらいいい夢見たのにほとんど忘れてしまった